湖南市、小児科、のむら小児科

〒520-3106 滋賀県湖南市石部中央1丁目3-26

TEL:0748-77-8228 FAX:0748-77-8227

診療時間 9:00~12:00、16:30~19:00

診療予約はこちら

BLOG

院長Blog 保育士BlogLinks

BLOG

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3

コミュニケーション研修をしました

今日は院長が会議で東京出張のため休診でしたので、日頃お世話になっている社労士の徳平さんにお願いしてスタッフのコミュニケーション研修をしました。前半は、それぞれ実際に話し手、聞き手になって "傾聴" についての実践を交えながら、後半は "持ち味カード" を使ってお互いに相手の良さを認めることで信頼関係を深めることなど、上手なコミュニケーションのとり方についての学習をしました。

ふだんは比較的交流の少ないスタッフ同士も色々話す機会となり、和気あいあいと楽しく研修できました。そして、そのあと行ったランチは美味しいご馳走とお喋りに夢中で、しっかり閉店まで過ごしました。

さぁ、また明日から頑張ろう❗️とリフレッシュできた一日でした (^^)v

Kenshu1kenshu2
 

2019-03-15 20:48:21

折りたたむ

「たっち」のお弁当のご紹介

日に日に寒さも和らぎ、柔らかな春の日差しを感じられるようになってきました。
この2か月はインフルエンザ、感染性胃腸炎、結膜炎のお子さんが多く、部屋の都合などでご利用をお断りさせていただいたこともあり、ご迷惑をおかけしました。インフルエンザの流行は落ち着いてきたように思われますが、まだドキドキの日が続きますね。引き続き、感染の予防に努めていきたいですね!

さて、「病児保育のお昼ごはんってどんなものを持っていくの?」とお尋ねになられる保護者さんが多くおられます。 今回は実際に持参されたお弁当などを少し紹介したいと思います。

lunch_1lunch_2

lunch_4lunch_3

月齢や、症状によって食べられるものも様々ですね。バナナも持参される子どもさん多いですよ ^_^
食べやすいスティックパンもよく登場しますね。コンビニなどの市販のお弁当もOKです。
なお、お弁当は冷蔵庫で保管して、食べるときに電子レンジで温めています。
このようにお昼ご飯は多彩ですが、あまり保護者さんの負担にならず、子どもさんの体調に合わせて無理なく食べられるものをお願いします。それと、時にはほとんど手をつけられなかったり、逆に足りなかったりすることもありますので、少し余分に持って来ていだたくとか、日持ちするもので予備のもの(例えばスティックパンなど)を入れておいていただくといいかなと思います。

2019-03-02 23:00:55

折りたたむ

インフルエンザ

猛威を振るっているインフルエンザですが、当院ではこの1週間は減少傾向にあります。とは言ってもまだまだ発熱の患者さんは多く、部屋の移動のために運動量が多い毎日が続いています。患者さんはやはり保育園や幼稚園のお子さんが多いですが、小学校低学年まで広がってきています。毎年のことですが救急を受診される患者さんも多いようで、1月の連休などはひどい時は6〜7時間待ちということです。これは世界的に見ると異常な光景です。

インフルエンザのお子さんの親御さんに説明していて驚くのは、「インフルエンザは薬を使わなくても治る病気です」と言うと、「そうなんですか !?」と返ってくることが少なくないことです。以前にもブログに書きましたが、インフルエンザは抗インフルエンザ薬を使わなくても治りますし、これまで使用されてきたお薬はせいぜい発熱期間を1.5日程度短くする程度の効果しかないことがわかっています。昨シーズンの途中から出てきた新薬はより早期に症状が改善することが期待されていますが、耐性ウイルスの出現率が高い可能性が指摘されており、慎重な投与が必要と言われています。さらに、抗インフルエンザ薬で早期にウイルスの増殖を抑えるとからだの中で免疫反応が十分に起こらず、次のシーズンに流行しやすくなる可能性も指摘されています。

いずれにしても急に熱が出たからといって救急を受診するのは、できるだけ控えていただきたいと思います。病院で長時間待つことは体調の悪いお子さんにとって大きな負担ですし、まわりの患者さんに移したり逆に移されたりするリスクも高くなります。また、救急医療機関にとっても負担が大きく、本当に急を要する患者さんの診療に少なからず支障が出ます。インフルエンザかな?と思ったら、まずは安静にして小まめに水分補給をおこない、平日の診療時間帯にかかりつけの医療機関を受診するようにしてください。

2019-02-03 07:42:26

折りたたむ

おもちゃ病院

昨年末に購入した病児さんに人気のおもちゃが壊れて残念に思っていましたが、スタッフからおもちゃ病院の話を聞き、早速行ってきました。フォレオ大津一里山の地下1階で、年配の方々5人ほどがボランティアでおもちゃの修理をされていました。
持って行ったおもちゃは部品交換が必要で、預かりになりましたが来月には元どおりになるようです。
壊れて諦めていたお気に入りのおもちゃがまた手を加えて息を吹き返したら、子どもさんも嬉しいですね (^^)
物が溢れている時代だからこそ、大切にする心が育って欲しい …… おもちゃ病院をボランティアでされている方々の願いを感じました。


2019-01-20 20:32:35

折りたたむ

完全予約制になって

今月から思い切って完全予約制にさせていただきましたが、今のところ予想外に混乱はなく、待ち時間はほぼ15分以内でスムーズに診察ができています。待合室も静かで、駐車場も満杯になることはほとんどなくなりました。こんなことなら、もっと早くこうすればよかったと後悔しています。これまで予約してたのに長くお待たせしてしまった方、ごめんなさい!

完全予約制と聞くとなんか利用しにくいように思われる方もおられるかもしれませんが、実はそんなことはありません。一定の時間に診察させていただける患者さんの数は限られていますから、ある時間帯に集中しないようになるだけです。とは言っても、まだ完全予約制になって正味2週間ほどですので、不具合が生じるかもしれません。今後も病気のお子さんにとって、できるだけ負担の少ない受診環境をスタッフみんなで考えていきたいと思います。

2019-01-20 20:20:14

折りたたむ

情報過多の時代

インターネットの普及によって容易に情報を得ることができるようになり、同時に自由に情報を発信できる時代になりました。そのために、今や世の中に情報が溢れている状況となり、ひとつ間違うと誤った情報を正しいと信じてしまう危険性があります。医療に関して言えば、その情報が正しいかどうかの判断の目安として、公の機関からの情報、多くのサイトで同様の内容で出されている情報は、ほぼ信用できると思っていいでしょう。また、情報のもとになっている根拠が医学的に説明できて、学会においても認められているものについては、一部の例外を除けば現時点ではほぼ正しいと思っていただいていいと思います。

風の協会(六甲山)一方、個人のブログやSNSの情報は、医学的には必ずしも正しく無いことがしばしば含まれています。あくまで体験に基づくものであったり、場合によっては非常に偏った考えの人が仲間を募っている場合もあります。また、他のサイトにか書かれている内容と大きく異なる内容の情報も、注意する必要があります。ただし、これについては例外もあります。例えば、傷は消毒せず乾かして治すとか、太る原因の一番は脂肪ではなく糖質であることとか、早くから食べさせた方が食物アレルギーを予防できる可能性が高いなど、これまで常識とされていたことが間違いであったということがいくつかあります。

健康に関わることについて不安を持たれる方は多いと思いますが、間違った情報を信じてしまうと病状がさらに悪化したり、医療不信になって適切な医療を拒否する方もおられます。ネットや知人などから現在一般に行われている医療や予防接種などを否定するようなことを見たり聞いたりされた場合、そのまま信じるのではなく、まずは信用できるかかりつけの医師に相談されることをお勧めします。
(写真は六甲山頂にて)

2018-11-04 19:57:28

折りたたむ

待ち時間について

記録的な暑さをもたらした今年の夏も終わり、朝晩冷え込む季節になりました。地球の高温化の影響でしょうけど、一昔前に比べると秋が短くなってきたみたいで、紅葉が見頃になるのもだんだん遅くなってきたようです。それと、以前ほど鮮やかな紅葉が最近ではなかなか見られなくなったように思いますが、皆さんはどうお感じでしょうか?

さて、当院では1999年(平成11年)の開院当初から待ち時間の短縮のために自動電話予約システムを導入し、途中からはインターネット予約もできるようにしました。当時は一部の診療科を除いて、予約ができる医療機関は少なく、特に自動予約システムを採用しているところはほとんどありませんでした。小児科は急な病気が多いため予約というのは馴染まないと思われていましたが、意外に小児科こそ予約制が導入しやすいことがわかり、躊躇せず導入しました。それによって、全体としては患者さんの数は多くないのに、時間帯によって1時間以上待っていただくというようなことはなくなりました。

しかし、最近また待ち時間が少し長くなる傾向がみられています。それには、これまで以上に診察を丁寧にしたり、指導や説明の時間を増やすなど、診療面での変化も一因であろうと思いますが、予約システムの運用のしかたなどについても改善できる面が少なからずありますので、今後スタッフの知恵を集めて改善していきたいと考えています。ただし、インフルエンザの流行期など、検査をする患者さんが多い時期はどうしても診療が遅れてくることをご了承ください。また、予約されていないご兄弟も一緒に診察を希望された場合は直接来院の方の枠で診察をさせていただきますが、患者さんが多いと直接枠はすぐに埋まっていきますので、かなり長時間待っていただかないといけないこともあります。これについてもどうぞご了承ください。

 

伊吹山5合目から山頂、マムシグサの実とイブキトリカブト、山頂の景色    

2018-10-20 20:57:09

折りたたむ

忘れ物のお知らせ

忘れ物をお預かりしています(写真)。
心当たりのある方は、受付までお願いします。
申し訳ありませんが、11月末で処分させていただきますのでご了承ください。

忘れ物写真

2018-10-15 06:04:06

折りたたむ

『第2回 離乳食についてのお話会』について

前回、好評だった「離乳食についてのお話会」の第2回目を以下の要領で開きます。

日時:10月9日(火) 午後2:00~3:30
対象:離乳中のお子さんの保護者
定員:15名程度

4月の第1回目と同様、栄養面および食物アレルギー予防の面からみた、新しい視点に立った離乳食の進め方についてお話します。
料金は無料です。お申し込みは、お電話(0748-77-8228)または受付まで。

2018-09-05 22:13:12

折りたたむ

診察室からのお願い


最近は高熱を出す夏風邪が流行っています。夏風邪に限らず、発熱はお子さんの病気の経過をみていく上で重要なサインのひとつであり、熱の経過は有用な情報になります。発熱されているお子さんについては、受診時に熱型表をお渡ししています。時間ごとに体温を記入していただくもので、これをみると発熱疾患については病状経過がたいへんわかりやすく、治療効果の判定にもとても有用です。忘れて来られる方が少なくありませんが、必ず持ってきていただくようにお願いします。

また、もらわれているお薬による副作用が疑われる場合、自己判断で中止されることがあります。ほとんどの薬は、頻度は高くないものの副反応が出る可能性があります。しかし、場合によっては薬をやめずに続けていただきたいこともありますので、まずはすぐに当院に連絡ください。診療時間外の場合には、留守電メッセージを聞いていただくと連絡先がわかるようになっていますので、そちらに電話ください。





 

2018-08-12 21:09:52

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
PageTop