湖南市、小児科、のむら小児科

〒520-3106 滋賀県湖南市石部中央1丁目3-26

TEL:0748-77-8228 FAX:0748-77-8227

診療時間 9:00~12:00、16:30~19:00

診療予約はこちら

BLOG

院長Blog 保育士BlogLinks

BLOG

  • 件 (全件)
  • 1

小児救急医療体制の危機

今朝また、綿向山に登ってきました。今日も表参道ルートで登りましたが、7合目からは前回の登山道は通行止めで、冬季ルートに変更になっていました。9時30分前に山頂に着きましたが、山頂手前で霧氷を見ることができました。ヤマレコを見ると、昨日はもっと広い範囲で綺麗に見えたようです。身近な山でこんな景色が見られることに、あらためて感動しました。

さて、話は変わりますが、2週間ほど前から園児を中心にウイルス性胃腸炎が流行してきており、インフルエンザの流行シーズンも近づいてきました。急に吐き出したり、高熱が出たりとかで、救急外来を受診されることも多くなってきます。しかし、実は今、小児救急医療体制が危機的な状態になってきています。甲賀湖南地域においても、病院小児科の廃止や縮小によって小児救急医療に対応できる病院は限られ、開業小児科医や大学からの援護はあるものの病院の小児科勤務医は疲弊しており、このままでは遠からず破綻します。そうなれば、本当に急を要するお子さんが適切な医療を受けられなくなります。
例えば急な発熱で受診されるお子さんは大部分がウイルス感染であり、特にそれまで元気にしていたのに急に熱が出た場合、ほとんどは急を要する病気ではありません。熱が出たというだけで救急を受診することは避けていただき、発熱以外の症状についても、まずはかかりつけ医に相談し、連絡がとれなければ日本小児科学会の『小児の救急』というサイトをみていただき、それでも判断がつかなければ小児救急電話相談(♯8000)をご利用ください。小児救急医療体制を今後も存続させるため、皆さんのご協力をお願いします。

2017-12-03 11:53:00

すくすくルームの特別イベントを開催しました♪

昨日は、日頃のスキンケアやお風呂でのお手入れ方法について看護師からお話を聞きながら、皆さんと一緒に考えました。
キューピーちゃんに保湿剤をぬって、いざ実践!!
その分量に、皆さんびっくり!?

お話の合間には、赤ちゃんがリラックスできるマッサージや、親子のふれあい遊びも一緒に楽しみました。

最後に、ママたちから子どもさんへ手作りおもちゃ。
飾りのマスキングテープを選ぶ姿は真剣そのもの
それぞれに、とっても可愛いマラカスができあがりました。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました♪
来月以降も順次、企画していく予定です。お楽しみに!

 

2017-11-29 11:01:00

保育室はクリスマスの装い

こんにちは
日々寒くなってきましたね。保育室はもうすっかりクリスマスの装いです。
発熱、咳、嘔吐などで病児保育のご利用も増えてきています。
まだインフルエンザでのご利用はありませんが、ドキドキですね。
保護者の方も体調管理に気をつけていきましょう!

2017-11-21 18:01:27

深まる秋

このところ週末に続けて台風が来たり、出張があったりで運動不足が続いていましたが、今日は綿向山に登ってきました。標高1,110m、伊吹山(1,377m)に次いで、滋賀県で2番目に高い山です。昨夜まで雨が残っていたので少し心配していましたが、朝には青空がのぞいていました。7時に近所のウォーキングの相棒と出発して8時前に日野の御幸橋の駐車場に着き、表参道コースを登って9:45に山頂に到着。少し風が強かったけどまずまずの天候で、雪を被った御嶽山もよく見えました。

軽く食事をしてブナの珍変木(幸福ブナ)をくぐり、竜王・綿向縦走コースの分岐部まで歩きました。紅葉のピークはまだ少し先のようでしたが、登山道や木々はとっても綺麗に整備されていて、落ち葉の絨毯の上を歩くのは心地よくて大満足でした。下山途中に数組の団体さんが登ってこられましたが、当たり前でしょうけど山で出会う人は元気ですね(^^)

昨年4月の終わりにも綿向山に登りましたが、この時は山頂に到着してまもなくガスがかかってきて強い風が吹き始め、あっという間に手がかじかむくらい寒くなったので、すぐに下山しました。自然はときに容赦なく我々に牙をむきますが、一方で無限の美しさと優しさで包んでくれて、生きる勇気と力を与えてくれます。

5月には赤坂山と近江坂に登って春の野草を2回たっぷり楽しめましたが、四季があるっていうのはいろんな自然の美しさと神秘を味わえていいですね。これからさらに秋が深まっていきます。この季節は何かと行事が多くて、なかなかゆっくり秋を堪能することはできませんが、時間を捻出したいと思います。


  • 落ち葉の絨毯

  • 鈴鹿山系

  • 幸福ブナ

2017-11-12 16:39:00

病児保育室「たっち」オープン

10月2日から、いよいよ始まりました病児保育室「たっち」です

これから、どうぞよろしくお願いします

早速ブログを始めてみました。

まず、お部屋の様から


  • 階段

  • 受付

  • くまのお部屋

  • りすのお部屋

これからもまた順次、ブログで様子を紹介していきますね~

2017-10-10 19:31:41

移転・リニューアル

「ホームページをリニューアルして、ようやくブログ始めることができました。8月下旬の移転準備からずっと時間に追われる毎日が続き、夜中に考え出すと眠れなくなるのでなるべく考えないようにしていますが、今朝も4時過ぎに目が覚めてしまって、このブログを書いています(笑)

9月1日から新しい診療所で診療を始めました。建物は京都の緒方建築設計事務所の緒方伸一郎氏に設計していただき、建築施工は山栄ホーム株式会社にお願いしました。
緒方氏は滋賀県内でこれまで5件の小児科医院の設計を担当されており、今回の建て替えを考え始めた時、建物は緒方氏にお願いしようと決めておりました。
設計開始から色々とやり取りをしながら詰めていきましたが、その作業がとても楽しくてウキウキしながらの時間でした。

おかげで、とっても素敵なものに仕上がりました。コンセプトは「人に優しい、落ち着いた空間」ですが、それは待合室や診察室の吹き抜け、照明、床、窓やカーテン、中庭など、いたるところに生かされています。
床の素材はリノリウムという天然素材を使用したもので、抗菌・抗ウイルス効果、脱臭効果および抗アレルギー効果があるとされています。
メンテナンスは少し手がかかりますが、患者さんには安心していただけると思っています。

新しい診療所で再スタートして4週間になり、だいぶ慣れましたが、まだ時にセコムを解除せずに入ってしまったり、院長室の床には未整理のものが少なからずのさばっています…。
今は10月からの病児保育開始に向けて、みんなで細かいところを詰めていってます。
今回病児保育を始めるにあたり、新たに看護師2名と保育士5名がスタッフに加わりました。
これまでのスタッフも、そして新しいスタッフも意欲的にいろんなことに取り組んでくれています。
また、病児保育の方は家内が精力的に頑張ってくれていて(この9月から「マネージャー」という肩書きがつきました)、頼りない院長としては頼もしい限りです (^^;)

今回の移転に際しても、多くの方にお力添えをいただきました。今日こうしてこのブログを書いていられるのも、その方々のおかげだと感謝しています。
さて、今日も1日元気でいきます (^^)v

2017-09-28 10:33:11

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop